中古車を個人で売買するときに十分注意したいこと

>

個人で車を売買するときに注意しなくてはならないこと

個人で売り買いをするときの方法

そこで個人で自動車を売買する方法に関してですが、車検証や名義変更など書類の関連に関しては事前に必ず確認しましょう。
後で相手に車を売却する際にこれら書類がそろっていないとかなり面倒なことになりトラブルの原因にもなります。
相手と直接やり取りが出来る場合には契約書なども用意することを忘れずに行ないましょう。
また最近はスマートフォンのアプリで売りたいものを掲載する方法もあり、こういった場合も手続きなど契約の一切は個人が行なわなくてはいけないので、先に挙げたような書類を用意しておくことは絶対になります。
また現物を引き渡すときには両者立会いの下で車の状態を納得できるように確認することを忘れないようにしましょう。

インターネットオークションに出品

さらに最近はインターネット上でオークションサイトに出品することも出来るようになり、サイトを通して自動車を売り買いする人も急増しています。
内容はシステム利用料をサイト側に支払い、入札者を待ち、入札が決まった時点で売り買いが成立するというものです。
出品前に買い手に渡せるように各種書類を用意しておくのは鉄則で、これがないと大きなトラブルに発展します。
スタートの価格設定についてはあまり法外に設定すると入札者が増えませんので、参考に自動車を出品している各サイトの平均価格を事前に押さえておくとよいでしょう。
そして契約が成立したら車の受け渡しになりますが、必ず名義変更が行なえる状態にしておくこと、引渡は支払ってもらうときにしたほうがトラブルが防止できます。
個人売買はリスクも手間も高くつきますが間違いなく高く車が売れるので十分注意して出品してみましょう。


この記事をシェアする